<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

WS 最終日 ライブ会場が決定しました! ライブのみのチケット販売もあります!

7月17日(祝)、ワークショップ最終日は、総仕上げのライブです。
その詳細が決定しました!
来日講師とWSメンバーが一緒に参加。
講師のスペシャルユニットも登場予定です!

【Bedford Music School
Praise and Worship Concert!!
1970年代初頭にシカゴ西部に創立されて以来、
数々の演奏家やボーカリスト、ゴスペルコンダクター(指揮者)を育成してきた
音楽学校より、実力派アーティストが来日!
日本のゴスペルファンに贈る、魂の叫び!

日時:2006年7月17日(祝)
    16:00~19:00
会場:大阪女学園 へールチャペル
    大阪市中央区玉造2-26-54
¥:2000円
チケット、お問い合わせ:ハーレムゴスペル(090・9040・3475)
[PR]
by missiyo | 2006-06-27 12:23 | 06.7/14-17 AAEW

ワークショップ講師はこんな方々! 

7月14日~17日のゴスペルワークショップ(AAWEW)、
講師陣のプロフィールをご紹介します。

●BEDFORD MUSIC SCHOOL Earl Bedford Music School of Chicago, ILLINOIS U.S.A.
1970年代初めにシカゴ西部に創立されて以来、
演奏家、ボーカリスト、指揮者を育成している。

☆BIOGRAPHY OF TEACHERS(講師の紹介)☆
■Earl Bedford – CEO of Bedford Music School(最高経営責任者)

音楽家であり、音楽的素質のある若者たちに自身の豊かな才能を伝授。
教会での指導を経て、より多くの若者を教えるべく
Bedford Music Schoolを設立。その後、学校はすぐに注目を集めるようになる。
クラシック、ゴスペル、ジャズ、聖歌、賛美歌に精通し、
彼のユニークな教授法が多くの人々の心をとらえている。
Bedford Music Schoolは、若き音楽家が学び、
伝える場を与え続けるということを目的とし、
ここからは多くの有名なゴスペル・アーティストが送り出されている。<

■Cassandra Peake
2000年Bedford Music Schoolの管理顧問として、
才能豊かな教師らと共に、若き教え手たちの育成に励む。
4歳の頃からBedford Studiosで学び、
ラスベガス大学ではミュージック・パフォーマンスの分野で文学士の資格を取得。
自身は、ルーツであるBedford Studiosに戻り、
学校の仕事に殉ずることを望んでいる。

■Lavonzell Paige
Bedford Music Schoolの第一期生。
ボーカル、合唱の教師陣の一人。

■George Mays
「George Mays and the Voices of Praise」の指導者。
有名な「Milton Brunson and the Thompson Community Singers」の
指揮者の一人としても知られている。

■Carya Holmes
コロンビア大学を卒業後、Peake氏の生徒となる。
その後、Bedford Music Schoolでボーカルの指導をしている。

■Nicholas Miller
Peake氏の生徒であり、
ゴスペル・オルガンとピアノの初歩を教える。
また、オクラホマ大学を卒業し音楽教育の学位を取得したばかりである。

いまのところ、担当クラスは下記のとおり。
ピアノやボーカルなどは兼任ということもあるかもしれません。
<<担当講師>>
Carya HolmesーVocalクラス
Mary Ann Williamsーサックス 
George Mays-指揮者クラス 
Lauongall Poige- Vocal Class
Latricia Redmon
Nicholas Millerー指揮者クラス
Cassandra Peake – Piano
Jarulla Jones-Dance
[PR]
by missiyo | 2006-06-27 11:38 | 06.7/14-17 AAEW

ゴスペルワークショップ、まだまだ申し込めますよ!

7月14-17日のゴスペルワークショップ、
6月25日の締め切りが延長になりました。
まだまだ申し込み可能です!!!!

本格的なゴスペルワークショップを体験したいなら
このチャンスは、見逃せません。

シカゴからプロの講師がやってきて、直接ゴスペルのすばらしさを教えてくれますので、
ぜひぜひ!
[PR]
by missiyo | 2006-06-22 12:25 | 06.7/14-17 AAEW