『African American Experience Work Shop』開催!

昨年開催され、とても内容の濃かった
カサンドラプロデュースのブラックゴスペルワークショップ
『African American Experience Work Shop』が、
今年も開催されることになりました!

今年は、さらに内容がパワーアップ!
昨年来日された40年もの音楽指導歴を持つGeorgeさん、
ゴスペルマイムダンスを教えてくれるLatriciaさんをはじめ、
今年は、何十年とゴスペルにかかわり指導してきた
現役女性クワイアディレクターDr. Lou Dellaさん、
彼の作品が「He'll Make A Way」がグラミー賞にノミネートされたこともある
作曲家であり、名高いピアニストでもあるPierreさんなど、
ゲスト講師もさらに充実度を増しています。

また、
昨年同様、ボーカルコース、指揮者コース、ゴスペルピアノコース、
曲制作コース、ブラックアフリカン&ゴスペルヒストリー講座も準備されていますし、
さらに、今年は、
女性のための生き方セミナー「女性セミナー」コース、
男性の声だけで構成する「メンズ・クワイア」コースも登場!

歌うこと、歌う意味、黒人文化の歴史とゴスペルソングの背景が
たっぷり学べる4日間です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
African American Experience Work Shop

アメリカ・シカゴにある音楽学校「Bedford Music School of Chicago」は、
数多くのゴスペルアーティストが学び、巣立っています。
この学校の現役講師を含む7名もの講師が来日し、
ゴスペルやブラックヒストリーを指導してくれるのが今回のワークショップ。
また、アメリカで大変人気のある女性の生き方セミナーや
こちらもアメリカで大注目のゴスペルマイム、
現地の教会そのままに、ゴスペル礼拝の体験もできる、
とてもアカデミックな内容になっています。

今年のテーマ:
見よ、兄弟がともに座っている。
なんという恵み なんという喜び(詩篇133:1)


いろんな環境、いろんな世代、さまざまな人々が国籍も超えて
一緒にゴスペルを学ぶことがテーマとなったこのワークショップ。

昨年に引き続き、今年はさらにパワーアップしています!
ぜひ、ご参加ください!

☆日時:2007年7月13日(金)~16日(祝・月) 
  Workshop(7/13~7/15) に加え、16日には、
  今回学んだ曲・ダンスを発表するコンサートを開催します。

☆会場:チャペル・こひつじ
  堺市北区中百舌鳥町2-87  TEL 072-255-7707
  *南海電車「中百舌鳥」
  *地下鉄 中百舌鳥8出口徒歩 3分
  駅前広場前 英会話ノバの裏側の黄色いビルが教会です。

☆定員: Choir Workshop =100 名 
       ゴスペルマイムDance Workshop=30名 
       特別Class(ボーカルクラス1・2、コンダクタークラス1・2、
       ピアノクラス、曲制作クラス)=各20名 
☆参加費:Workshop ¥15.000 
  (特別 クラス、Classについては、Workshop参加者は無料です。
    自由に好きなクラスを選べます/要予約)
  ●すべて出ることができないけれど1日だけなら、とか、
   あのクラスだけは受講したい!などという方は、
   部分参加も設定しています。
   その場合の参加費:各Workshop・特別クラス・Classともに
   各1回(=1クラス)¥3000(ただしコンサートは出演できません) 

☆締め切り:2007年6月18日 
  (特別クラス・Classに関しては先着順で受付します)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
【申し込みまでの手順】
1)申し込み必要事項を、mailまたは郵送でお送りください。
mail:g_salon@hotmail.com
郵送:〒532-0026
    大阪市淀川区塚本5-5-8 
    Harlem Gosple Missionary 古山夏子宛

2)同日に、指定銀行まで代金をお振込みください。
  
<振込先>  
  指定銀行:三菱東京UFJ銀行 塚本支店 普通預金
  口座番号:3887756
  名義:Harlem Gospel Missionary 榊原夏子

※振込み用紙は参加当日必ずご持参ください。
  振込み領収用紙が入金確認になります。

3)申し込み完了・詳しいご内容を送信または郵送。

4)オリエンテーション:6月23日(土)に、WS会場となる
            チャペルこひつじにてオリエンテーションを開催
  
5)Workshop当日、7月13日 19:00より受付開始。
  ※振込領収用紙をご持参ください! 
                              
●申し込み必要項目
申し込み日、名前、住所、メールアドレス、携帯メールアドレス、携帯番号、生年月日、
性別、ゴスペル暦、所属(教会・クワイア名)、
1、ChoirかゴスペルマイムDanceかの希望コースを明記、
2、特別クラスの選択(希望クラスを明記)、
3、Classの選択(希望コースを明記)

(部分参加希望の方は、
参加日程、参加希望クラス・Class名を明記)

☆主催:Amazing Grace Production & Harlem Gospel Missionary

☆お問い合わせは
  Harlem Gospel Missionary
  090-9040-3474 (古山)
  g_salon@hotmail.com まで

http://love.ap.teacup.com/harlem/
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★★4日間のプログラム★★ 
7月13日(金) 19:30~22:00 Choirレッスン/ゴスペルマイムDanceレッスン
7月14(土)~15日(日)各クラス・Class受講、Choirレッスン、
             ゴスペルマイムDanceレッスン、Evening Worship(特別礼拝)など
7月16日 Concert&Worship
黒人教会スタイルの礼拝になるはずなので、リアルなゴスペル、
リアルなブラックチャーチを肌で体験することができます。  
※詳しいスケジュールはTIME SCHEDULEを参照ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★★WS、Class、特別クラス 紹介★★
<Workshop>
●Choir Workshop:
シカゴから来日した現役黒人ゴスペル音楽講師が、
              現地のスタイルで、直接指導してくれます。
●ゴスペルマイムDance Workshop:             
              昨年に引き続き、日本にゴスペルマイムを広めている
              ラトリシアさんが、今アメリカで大注目のゴスペルマイムを直接指導。
※以上2つがメインのワークショップとなります。
参加される場合は、クワイアかダンスか、まずはお選びください。

<特別クラス> 
A :Vocalクラス 1(ボーカリストとしての基礎知識を学びます)
B : Conductorクラス 1(指揮者のメンタリティ・
                   スピリチュアルな指導について学びます)
C : Piano クラス(Gospel Pianoについての演奏方法、特徴などを学びます) 
D : Vocalクラス 2 (ソリストとしての技術向上テクニックを学びます)
E : Conductorクラス 2(指揮者の技術向上) 
F : 曲の制作クラス (理論に基づいた音楽制作を指導します)

※各講師が英語で直接指導します(すべて通訳がつきます)

<Class>
特別クラスは、ゴスペルに関するテクニックや技術などを学びますが、
この“Class”については、女性に向けて、男性に向けて、
また、黒人文化や歴史について、という大変興味深い内容を学ぶことができるクラスです。

●女性セミナー(アメリカでは大変盛んに行われている、
          ゴスペルや聖書の言葉を通しての女性のための生き方セミナーです)
●Men's Choir (男性だけのクワイアを結成します!)
●黒人教会セミナー(黒人教会ではどんなことが行われているのか、
            黒人教会音楽のルーツやヒストリー、
            ゴスペルに歌われている背景などを学びます)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by missiyo | 2007-06-04 02:47 | 07.7/13-16 AAEW
<< 『AAEW』ワークショップのタ... 母の日つながりでご紹介。カサン... >>