歌って食べて、クリスマスをお祝いした『Christmas musical festival』

12月10日(日)、ホープチャペル難波(大阪)にて、
ニック牧師とカサンドラのプロデュースによるイベント
『Chiritmas musical festival』が開催されました。
カサンドラと彼女のスチューデントや音楽仲間が集まって、
クリスマスをお祝いしながら
ゴスペルを歌い、
マイムダンスでプレイズし、
最後はチキンの丸焼きやサンドイッチ、アップルパイやコリアンフードなど、
いろんな料理が満載のアメリカンスタイルパーティに突入!
●Virtous Mime Ministry
b0086595_1473122.jpg


b0086595_147577.jpg


●D.E.U.Commynity Choir
b0086595_1481748.jpg


●Abeno Gospel Class
b0086595_1483684.jpg


●Spiritual Gift
b0086595_149852.jpg


●PAMTA
b0086595_1410619.jpg


ほか、タイプも選曲もさまざまなチームがカサンドラの呼びかけにこたえて参加。
音楽も料理も楽しんだ、すばらしいフェローシップイベントとなりました。

途中、ニック牧師からキリストの生誕を祝うクリスマスの意味についてお話がありました。
わかりやすく楽しいお話でした。その後カサンドラはさらにこう付け加えました。
「クリスマスは、高価なプレゼントを買ったりもらったり、
食事にお金をつぎ込む日ではなく、
周りの人に愛と感謝と信頼を伝える日。
愛する人に、あなたのことをとても大切に思っているのだ、と伝える日なのです。
だから、どうぞ隣の人と手をつないで。」

参加してくださったパフォーマーのみなさま、
お料理を作ったり買いに走ったり、
フライヤーを作ったり何度も打ち合わせをしたりと
たくさんのサポートをしてくださった教会スタッフのみなさま、
そしてなにより、教会を開放してくださったニック牧師、
盛り上げてくださった観客のみなさま、
本当に楽しいイベントにしてくださり、ありがとうございました。

どうぞ、素敵なクリスマスを!
[PR]
by missiyo | 2006-12-13 14:41 | Live&Event
<< 『Chosen』クリスマスライ... カサンドラへのメールについて。 >>