シカゴWSの専用サイトはこちら!&2008講師コメント


2008年シカゴワークショップ大阪の講師感想コメントを
ご紹介いたします!

2009年はシカゴにいよいよ乗り込みます。
公式サイトは、こちらです!
詳細はこちらから!!!

http://www.justmystage.com/home/aaew/

コメントを寄せてくださった講師のみなさんが
今年はシカゴでスタンバイ!
みなさんをお待ちしています。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

EXCITING!!! INSPIRING!!! EDUCATIONAL!!! AN AWESOME EXPERIENCE!!!

These are just a few of the adjectives I could use to summarize this year’s
“African American Experience Workshop.” It all began with a renewing of
friendships for me since I have participated in the workshop for the past
two years (this is my third year).

The schedule was well planned with classes centering on one eventual
climax – to worship Jesus Christ in music and spirit. The “Men’s (and
Women’s) Seminar” provided the avenue to share the scriptures and
testimonies by the Clinicians to those interested in knowing more about
Christianity and its purpose. The presentation was well received with much
enthusiasm and interest. Sharing the “African American history and
Culture” was also received well with much interest and humility. Many
were unaware of the African American’s plight up through slavery. With the
background established, this enhanced the rest of the class presentations
and the beginning of a spiritual explosion.

The Men’s Choir sang the spiritual, Ezekiel Saw the Wheel with much
enthusiasm reflecting on “the history of spirituals” they had been taught.
The Workshop Choir was simply awesome. The Clinicians stretched the
attendees to emulate church choirs singing in the US on Sunday mornings…and
what a great job they did. Even the rehearsals were filled with spiritual
electricity. The songs taught were quickly learned and executed as though
it was the singers’ daily task...... simply wonderful and awe-inspiring.

This spark of enthusiasm and spiritual electricity remained until and
throughout the concert on Monday, July 21, 2008. Accolades and kudos were
expressed by the audience in many ways. Hand clapping, foot stomping and
shouts of “Hallelujahs” rang throughout the auditorium during the
performance. Tears of joy ran down many faces as they joined in with the
choir in the finale song, “O Happy Day.” Many expressed feelings never
felt before. What is it? The Holy Spirit!!!!

Hope to see you at the very next “African American Experience Workshop”
presented by Harlem Gospel Missionary. May God bless and keep you until
then.
George Mays

興奮!!!  感激!!! すばらしい学び!!! 最高の体験!!!

今年の「アフリカン・アメリカン体験ワークショップ」を要約できるならば、
まさにこのように表現できます。
過去2年間(2008年の今回は3年目になります)のワークショップに参加しているので、
私にとっては友情の復活がすべての始まりでした。

音楽と精神で主を賛美するため、最終的にクライマックスでクラスが1つになるように
、スケジュールがうまく工夫されていました。
「男性(女性)セミナー」は、キリスト教とその目的についてより多く知ることに興味
を持つため、講師が聖書や証しを話し合う手段を用意しました。
プレゼンテーションは、大変な熱狂と興味を持って、十分に受け入れられました。
「アフリカン・アメリカンの歴史と文化」を話し合うことで、おおいなる興味と苦しい過去を
も受け入れられたのです。多くの人たちは、奴隷制度というものによるアフリカン・ア
メリカンの苦境を知りませんでした。こういった背景をよく理解することで、
それ以降のクラスをより高め、そして参加者のみなさんのスピリチュアルな部分でも
新たな進歩が始まりました。

男性クワイヤは、彼らが学んだ「歴史とスピリチュアル」を念頭に起きながら、
おおいなる情熱をもってスピリチュアルの「Ezekiel Saw the Wheel」 を歌いました。
ワークショップのクワイヤは、本当に素晴らしいものでした。
講師たちは、日曜日の朝の礼拝で歌われているようなアメリカの教会のクワイヤを手本に、
参加者たちの能力いっぱいまで引き伸ばしてくれました…
そして、
なんと偉大な仕事を成し遂げたことか。
リハーサルでさえ、内面から放たれたエナジーで満ちあふれていたのです。
学んだ歌は、まるで、それがシンガーたちの日々の仕事のように、
早急に習得され、仕上げられ…
ただただ、素晴らしく、驚嘆させられました。

熱狂と内面からのエナジーは、
2008年7月21日月曜日のコンサートまで、
そしてコンサートが行われている間中ずっときらめいていました。
観客の称賛と賛辞は、いろんな方法で表現されました。
手拍子し、足を踏みならし、「ハレルヤ」と叫び、それらは、コンサートの間
ずっと観客席のすみずみまで鳴り響いていたのです。
そして、最後の「Oh Happy Day」で、クワイヤの歌に参加した彼らの多くは、
喜びの涙を流していました。
たくさんの人たちが、今まで感じたことのないような感情を示したのです。
それは、何か? 
それがHoly Spiritなのです!!!

Harlem Gospel Missionary 主催による、まさに次の「アフリカン・アメリカン体験ワ
ークショップ」で、みなさんにお会いしたいと願っています。
主の恵みがありますように、そしてその時まで主のご加護が続きますように。

George Mays

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
Hello This is Pierre Walker.
I must say that the 'Experience' workshop was
wonderful. I always enjoy the spirit and dedication of the participants. I
was inspired so by the desire of many to know more about a relationship with
Christ and what makes Gospel music alive and effective. I look forward to
future encounters with the lovely people of Japan. Each person that I came
in contact left a lasting and edifying imprint on my life and I hope that in
some way I returned the favor. God bless U...

Pierre Walker

こんにちは、ピエール ウォーカーです。
あの「体験」ワークショップは、実に素晴らしかったと言わねばなりません。
いつも参加者の方々の熱意や献身をうれしく思っています。キリスト教に関することを
もっと知りたい、そして何がゴスペル音楽を生き生きとしたものにし、どんな効果を与
えてくれるのか、というたくさんの求めに応じることによって、私はとても奮起させら
れました。
愛すべき日本の人たちと、この先また出会うことを楽しみにしています。出会った人た
ち一人ひとりが、永久不変に学び、気づき、そして進んでいくことを
私の人生に刻みつけてくれました。
そして、私は、なんらかの方法でその恩恵に報いたいと願っています。
神の恵みがありますように…。

Pierre Walker

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
Everyone,

I would like to take this opportunity to thank you for your love and
participation that you showed this year for AAEW. I was overjoyed at the
participation in the tambourine class and how well you mastered the
tambourine.

Thank you for your interest in the history of African Americans. You were
excellent and the concert was extraordinary. I look forward to seeing you in
Chicago 2009 for the workshop so that I can introduce you to my friends and
family . So that you can experience Chicago worship first hand.

All the teachers who have journeyed to Japan in the past with AAEW look
forward and are excited about seeing you in 2009.

Start saving your money so that you can not only enjoy the workshop but also
the sightseeing ,shopping and food. Natsuko of Harlem JP will inform you of
the dates
and cost for the tour.

Those that can't come to Chicago , If the Lord 's WILL I will see you in
Japan August 2009.

Be Blessed and I love and appreciate you all.

皆さん、
今年のAAEWで、あなた方が示してくれた愛、そして参加してくれたことに、
「ありがとうございます」、とこの機会に言わせてください。
タンバリンのクラスが参加してくれたこと、
そして皆さんの上達ぶりに、私は心から喜びを感じました。

また、アフリカン・アメリカンの歴史に興味を持っていただき、
ありがとうございます。
みなさんはとても素晴らしかったです。
そして、コンサートは驚くべきものでした。
2009年のシカゴ ワークショップで皆さんに会えるのを楽しみにしています。
私の友人や家族も紹介できると思いますので。
それに、シカゴの礼拝を直に体験できるのです。

これまでのAAEWのために日本へ旅してきた講師たちみんなが、
2009年にあなた方に会えることを楽しみにしているし、わくわくしているのです。

貯金を始めましょう。
ワークショップだけでなく、観光やショッピングや食事も楽しむ
ことができるのですから。
ハーレムJPの夏子さんが、そのツアーの日程や費用をお知らせしてくれるでしょう。

シカゴに来ることができない人たち、もし主の導きがあるなら、2009年夏に日本
で会えるかもしれません。


主の恵みがありますように。あなた方すべてを愛しています。そして感謝しています。

Cassandra Peake
[PR]
by missiyo | 2009-04-21 15:48 | 08.7/18-21 AAEW
<< African America... 『African Americ... >>